わたしの見た風景


by kayauokamoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

夏の定番

秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる

ということで、すぐそこに秋も迫ってきていると折に触れ感じる今日この頃ですが、これも昨日の続きで、夏の間よく作った作り置きメニュー。
きゅうりとなすとみょうがの酢の物。
a0136322_9552521.jpg

このまま食べてもさっぱりするし、ごはんにのせると野菜寿司みたいで美味しい~。

作り方は、昨日のなますとほとんど同じ。

【きゅうりとなすとみょうがの酢の物】
きゅうり、なす 1~2本、みょうが 1本、お好みで、しそのせんぎりやしらすを入れても。
↑このくらいの分量なら、すし酢大さじ1、酢大さじ1、薄口しょうゆ小さじ1/2くらいかな。
ごま 適量

①きゅうりとなすは薄く輪切りにして、塩をまぶして、10分くらい置いておく(水を出すため)。
 みょうがも輪切りにして、水にさらす。
②調味料を混ぜたら、①の水分をよく絞って、混ぜる。ごまも入れる。
③あとは冷蔵庫でしばらく味をなじませて、できあがり~。冷えていた方が美味しいです。

[PR]
# by kayauokamoto | 2012-09-03 10:02 | おうちごはん

最近のごはん

先月後半から、オットがずっと出張で不在。
ひとりの為にあんまり台所に立ちたくないし、そもそも最近は胃が圧迫されてあんまり食べられないし、だからと言って、きちんとした物をしっかり食べたいというわがままな私なので、こんな時は作り置き大作戦~。
日持ちして、栄養価も高そうな物を、元気な時にまとめ調理します。
同じものが続くのは平気だし、メインをお刺身にするとかしちゃえば、ラクだし飽きません。
もちろん朝・昼でバランスを摂るのも忘れずに!

これはある日のひとりごはん~。
大体こんな物が作り置きしてあります。
a0136322_9515323.jpg


奥から~。
【トマトともずくのスープ】
鶏ガラの素とミニトマトをいくつか入れて、中火にかけます。
煮立ったら、薄口しょうゆと塩で味付け。
もずくと、すりおろししょうがも入れて出来上がり。
夏場はこれにオクラを輪切りにして入れるんだけど、この日は切らしてておねぎ~。

【ピーマン・みょうが・塩昆布の和え物】
以前TVでやっていたのを見て覚えたレシピ。
ピーマン、みょうがを千切りにして、塩昆布とごまで和えます。
TVではビニールに入れてもみこんでいたけど、私は横着にタッパーに材料を入れて、ふりふりシェイク♪

【にんじんと大根のなます】
すし酢1:酢1に、薄口しょうゆを少したらして味を調える、というのを、大抵の酢の物料理に応用しております。酢の量は、材料の量に応じて適当に……(すみません)。
そこに千切りして、塩をかけてしばらくおいて水を出したにんじんと大根を、絞って漬けます。今回は細く切った昆布も入れました。
ちなみに今回はスライサーを使ったんだけど、自分で切った方が早くてラク……。
でもなますはこれくらい細い方が味が沁みるしなあ。

【鶏のさっぱり煮】
これは、天下のミツカンさんの鉄板レシピから借用しました。美味しいよー。


あとは、ひじき煮ときのこソテーですが、まあこれは書かなくともね。
今冷蔵庫には、しょうが焼き、ポテトサラダ、焼きなすの出汁浸しなんかがあります。
昨日で在庫薄になったので、今日明日辺り、また作らないとなー。
[PR]
# by kayauokamoto | 2012-09-02 10:13 | おうちごはん

お水通し

最近は少しずつ赤子を家に迎える準備をしています。
グッズも大体揃ってきました。
何が本当に必要な物か分からない買い物って苦手だわー。日々PC画面をポチッとしながら、くよくよ。
それでも小さくかわいらしい物が届くと、ふにゃ~っとしちゃいます。

先日はお水通し第一弾を決行しました。
かれもこれも、ちひさき物いとうつくし!
見ると一瞬で和んでしまう。
まあその内、この風景に疲労しか見えてこない日々がくるんでしょうが……。
a0136322_9393722.jpg

a0136322_9395543.jpg


明日から33週に入ります。
今日は私の誕生日。
これまで誰かに祝ってもらいたくて仕方のなかった今日も、今年はあんまりそんな気持ちにならないから不思議。
でも一方で、こんな気持ちで父や母に迎えられた数十年前の自分を想ったり。

今日もよく晴れているけど、なんだか過ごしやすい朝。
オットは先週から出張で不在。
1日のんびり赤子のセレモニードレスでも編みましょう。
[PR]
# by kayauokamoto | 2012-08-26 09:47 | マタニティーな日々
残暑お見舞い申し上げます。
皆さまこの「熱い」夏、如何お過ごしでしょうか。

かなりの間放置していたこのブログ……。
どうもTwitterなんてものをやっていると、溜飲が下がるというか、まあなんとなく言いたいこと吐き出して満足した気分になるので良くないですな。
いくつか言いたいことや、伝えたいお料理等々、撮りためている写真があったりもするのですが。
そもそも自分の文章欲が今それほどでもないってことに、自分でもやきもきしつつ、甘んじてしまっているところが問題なのはよく分かっているのです。嗚呼。

言い訳は置いておいて、本題。

町田にレッスン(ジャズダンス)に通っていた時代、憧れだった富澤商店。
自分が台所を支配するようになったら、ここで乾物や粉をしこたま買って、料理やお菓子作りに励むのだー! と夢想していたものです。
その内横浜のそごうにも入って、どんどん店舗を拡大していったようで、名古屋でも再会できた時は本当にうれしかった!
結局身近になりすぎると滅多に何かを購入したりもしないんだけど(そもそもあんまりお菓子作りをしない)、名古屋に出た時は、このピーナッツきな粉クリームを絶対買って帰ります。
a0136322_132496.jpg

毎朝マフィンに塗って食べるよ。

さて、ここでは(ずっと放置してあったので)報告していませんでしたが、今お腹に赤ちゃんがいます。
先日早いもので9ケ月に突入して、予定日はこのピーナッツクリームの賞味期限と同じです(笑)。
そんなわけで、今後はここで、育児日記的なものも書けていけたらいいなあと思っておりますが……さてはてフフー。
もちろん執筆や思考のめぐりも、精進したいと思います。
[PR]
# by kayauokamoto | 2012-08-25 13:26 | 日々のくらし

柴崎友香という作家

数日前に、先月号の「新潮」に掲載された、柴崎友香の「わたしがいなかった街で」を読んだ。
こんなところでわざわざ書くことでもないと思うのだけど(最近載せている記事とは明らかに趣も違うし)、この人の作品を読むとあんまり毎回思うので、ちょっと吐き出しておこうと思い。
彼女の作品は私にとって、ストーリーとは全く別のところで個人的な感情が揺れてしまうので、集中できなくて困る、という事柄について。

要は、とても好きなのだ。
この人の書こうとしている世界、この人の心に響くテーマが、私ととても似ているんだと思う。

でもそれは、裏を返せば“私が書きたい世界”でもある。
私が書きたいものを、この人は表舞台で書くことが出来る。その力を持っている。
それがとても悔しくて、読んでいる最中ももやもやとした想いが全身を渦巻いている。

自分が書きたいことをさらりと書いている作家は何人もいて、
その才能を羨ましく思うことは本当にしょっちゅうだけれど、
どういうわけだか彼女はそれを表現しようとする小道具や設定まで私の発想と似ていて、
いつぞやの作品なんかは、
新人賞に送られてボツになった作品は、編集者によって作家に回されるのだろうか?
と疑心暗鬼を抱いたほど、エピソードが似通っていた
(でも、こういう事は本当にあるのか知りたい。
作品がパクられることは、作家のプライドからも絶対にないと思うけど、
作品のテーマとか舞台背景とか、ボツ作品が参考にされているのかどうか)。
だから、彼女の作品を読んでいるとすごく楽しめて、
作品が出れば早く読みたいと心待ちにしているのと同時に、
激しい嫉妬心がいつも沸き立つ。彼女のデビュー作を読んだ時から、ずっと。

私が書きたいことを、既にこの世に著している人がいる。
さらには、きちんと評価も得ている。
だったら私が作品を書いて送ったところで、表に出ることはないんじゃないか。
「柴崎友香の真似だよね」と、打ち捨てられてしまうんじゃないか。

今は全然作品が書けていないこともあって、
そういうつまらない焦燥感だけが空回っていて、なんともイヤな感じです。
でも、やっぱり結局書くしかないのだよね。
毎日漫然と日々の幸福に身を委ねているようではいかんのだ。
いっつもこんなこと思って、ぐだぐだ文句言って、何もしていないのは自分で腹が立ったから、
吐き出してやった!
ということで、次行こう! 次!
[PR]
# by kayauokamoto | 2012-04-24 10:36 | よしなしごと