わたしの見た風景


by kayauokamoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日のおひる

a0136322_13341491.jpg
ブロッコリーとドライトマトとしらすとアンチョビで、
冷蔵庫整理ペペロンチーノ。

お昼を作るのはあんまり好きじゃなくて、
ひとりの時はなるべく前日の残り物ですませたい。
でも時々こんなん作って食べたくなる時もあります。
パスタ多めにゆがいて、お腹まんぞく。

昨日からオットが出張で、冷蔵庫あさって気ままなごはん。
夜は塩豚の残りがあるから、トマトと卵とでも炒めよ。
[PR]
by kayauokamoto | 2011-11-22 13:43 | おうちごはん

ふんがー!

寒くなってくると、ガラスに小さく丸い鼻息がかわいく浮かびます。

前に誰かが、カメの鼻は楊枝で突き刺したみたいと書いていたけど、
ほんとにそうだと思った。

しかし動物はなかなかナイスなタイミングで撮れないなあ。
a0136322_11181355.jpg

ふんがー!
[PR]
by kayauokamoto | 2011-11-17 11:19 | 今日のおカメ

大蔵餅【追記あり】

これまた近くのスーパーで出店していたので購入。
常滑にある大蔵餅(店名)の大蔵餅(商品名)ときなこ餅。
a0136322_11404915.jpg

大蔵餅は、あんこの中によもぎの草餅が入っています。
私は本当はあまりあんこが外側にあるお餅が好きではないのですが、
中身が草餅というだけで、どういうわけだかテンションが上がる
(ちなみに“草餅”という、外が草餅で中身があんこver.のお餅もあるのですが……)。

きなこ餅は、おはぎのきなこ、という感じ。

どちらもこぶりで、程よい上品な甘さ。
軽くて食後でもぺろりと食べられ、
オットもイイネ! と言っておりました。
しかも、本店で買えばナントひとつ80円!(この時は出店価格で、120円だったけど)
※昨日常滑に行き、帰りに本店に寄りました。
 80円はHPが昔の値段のままになっていると思われ、今はひとつ110円のようです(2011.11.08現在)


ちなみにここは、妹がやって来たときに“おねいの呪い”で行けなかったお店(コチラを参照)。
かき氷もすごく大きくて美味しかったし、
お店の雰囲気も良いし、
ちょっと離れてるけど、ちょくちょく通いたいお店です。
もう少し寒くなったらぜんざい食べに行こう。

【大蔵餅(本店)】
愛知県常滑市鯉江本町2-2-1
0569-35-2676
8:00-19:00(売り切れ次第閉店)
月定休

[PR]
by kayauokamoto | 2011-11-06 11:43 | 知多半島 カフェ・甘味
少し前のメニューから。

私が初めてイチから料理を作ったのは、
確かこのメニューだったと思う。
じゃがいもとベーコンのスープ煮。
a0136322_1159452.jpg

小学校6年生の時の家庭科で、
“我が家のじゃがいもメニュー”を作ろうという日があり、
その時に母から教わったもの。
しばらく忘れていたのだけど、
いつぞや実家に帰ったらこれが出てきて、
レシピをひっぱり出してきました。

簡単で、ごちそうっぽい味になるので好き。


【じゃがいもとベーコンのスープ煮】
じゃがいも 3~5個、玉ねぎ1個、ベーコン 4枚
(あくまで目安。好みや自宅に余った量によって、
ある程度の増減は問題ないです)
バター 30g、にんにく 1片、あればセロリの軸等の香草、
スープ 2カップ(ブイヨンでも鶏ガラでも)

①じゃがいもは1cmくらいの輪切り、
 玉ねぎ、にんにくは薄切り、
 ベーコンも1cm幅くらいに切る。
②深めの鍋で、にんにく、ベーコンを色が変わるまで炒める。
③その上にじゃがいもの3分の1量を平らに敷きつめ、
 たまねぎも3分の1量じゃがいもの上に平らに敷き、
 塩こしょうを少々ふり、バターを10gのせる(溶かしたものをかけてもok)。
 それを3度繰り返して3層にして、あればセロリの軸等の香草をのせる。
④スープを2カップ入れ、煮立ったら落としぶたをして、
 弱めの中火で20分ほど(適当に)煮る。
⑤じゃがいもに火が通ればできあがり!

この日はだいぶじゃがいもが煮くずれてしまいましたが、
みなさんは気をつけて!
でもこれはこれで美味しいです。
2日目、残ったスープ煮を耐熱皿に入れてチーズをのせて焼くと、
ポテトグラタンにもなりますよー。
 
[PR]
by kayauokamoto | 2011-11-05 12:01 | おうちごはん

明治村 その2

さてさて続き。

どの建物も立派で見ごたえがあるのだけど、
中でも面白いのはやっぱり人の住んでいた家屋。
当時の暮らしぶりを想像したり、
家に託された生活の知恵に触れられて、
わくわく心が弾みます。

鴎外と漱石が住んだというおうち(明治20年頃。東京都文京区)。
典型的な日本家屋だけど、こういう家に住みたいなー。
a0136322_14593483.jpg

こうして縁側で、小説のことぼんやり考えてみたり。

重要文化財の東松家住宅(明治34年頃。名古屋市中村区)。
東松家は油屋から始まり、銀行を営んだ商家。
a0136322_1502966.jpg

見上げると、いろいろからくりというか、入り組んだ仕組みになっていそうで、
すごく上がってみたかったのだけど、
残念ながら館内案内の時間が終わってしまって見られなかった……。

その代わり芝川又右衛門邸(明治44年。兵庫県西宮市)では、
特別にガイドさんがもう一巡してくださり、中を見ることができました!
a0136322_1512520.jpg

ここは本当に面白かった!
芝川は三井・住友と並ぶ豪商のひとりとあって、
とにかくセレブでモダンなおうちだった~。
お風呂もキッチンも、現在でも全然遜色ないくらいだし、
網代と葭簀で意匠を凝らした天井も、階段のデザインも、造りつけのベンチも、
何もかも素敵すぎる……このまま居ついてしまいたい……。
a0136322_1521414.jpg

オットに、「めちゃめちゃテンションあがってたよ」と言われるくらい、
ひとりふんがーと頭から湯気出してました。

ここらで時間も押し迫ってきて、
最後は帝国ホテルの中央玄関(大正12年。東京都千代田区)。
a0136322_153553.jpg

全容はどんなふうだったのだろうなあ。
やはりここも、文化や社交界というものを強く感じさせます。


以前から折に触れて思うことなのだけど、
明治や大正では、現在「格差社会」なんて言われるよりも
よっぽど隔絶した身分の差があって、
その上流に属している人たちは本当に大きな時代の渦の中で
当たり前に文化の一端を担っていた。
“東京”は、遠く、大きな国だったろうし、
海の外はさらに未知に溢れて畏く輝いていたのでしょう。

明治村にある建物は、そういうあの頃の威厳を携えてそこにあったけれど、
私たちの眼には、そこに絶望的なまでの羨望は映らないし、
しかも現在次々と建てられていく建物には、そうした感慨は、ますます抱かない。

人口70億人となったこの世界は、ずいぶん身近で、平坦なものだなあ。
あの頃の眼で、あの頃の“世界”を見てみたい。
そんなふうに話しながら、
高速を走らせて30kmほど離れた街にあっという間に辿り着き、
ベルトコンベアに乗せられた、それでもそれなりにおいしいお寿司をちょちょっとつまんで、
マンションに均等に振り分けられた小さな一室に帰る私たちだったのでした。
[PR]
by kayauokamoto | 2011-11-01 15:04 | 日々のくらし

明治村 その1

珍しくオットが晴れの日にお休みになったので(朝方雨が降っていたため)、
久しぶりにふたりでお出かけ。
かねてから行ってみたかった、犬山市の博物館明治村に行って来ました。

どうやってここまで運び込まれたのか……と謎がつきまといつつ、
往時をしのばせる建物の数々に圧倒されます。

a0136322_13382587.jpg

大名寺聖パウロ教会堂(明治12年。長崎県西彼杵郡伊王島)
a0136322_133938.jpg

大井牛肉店(明治20年頃。神戸市生田区)
a0136322_13412426.jpg

聖ヨハネ教会堂(明治40年。京都市下京区)
重要文化財だというのに、中では小学生たちがかしましく暴れまわっていました。
a0136322_13423434.jpg

三重県庁舎(明治12年。三重県津市)
中のダンスホール(?)。ゴージャス!
これも重要文化財。ここの外観はドラマ『坂の上の雲』で使われていました。
a0136322_13365752.jpg

品川燈台(明治3年。東京都港区)
現存最古の洋式灯台。重要文化財。
a0136322_13432865.jpg

聖ザビエル天主堂(明治23年。京都市中京区)

三重県尋常師範学校・蔵持小学校(明治21年。三重県名張市)にて
センセーごっこをしてみたり……
a0136322_13443043.jpg

                      「こら! オット君! 早弁しない!」
a0136322_1345262.jpg

                      「いっけねえ~」

前橋監獄雑居房(明治21年。群馬県前橋市)にて
シャバに焦がれてみたり……
a0136322_13455390.jpg

                      「外はもう春……」

他にもあちこち回ったけれど、
とにかく見どころがたくさんで、
全部をしっかり見るには1日じゃ足りない!

ということで、つづきます~。
[PR]
by kayauokamoto | 2011-11-01 13:47 | 日々のくらし