わたしの見た風景


by kayauokamoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:おうちごはん( 16 )

里芋と豆乳のポタージュ

妹から早めの出産祝いにBRAUNのハンドブレンダ―をプレゼントしてもらって以来、朝食にポタージュを作るのが私の中で流行っています。

大抵は、かぼちゃとかにんじんとかほうれん草あたりの緑黄色野菜と、玉ねぎ、コンソメ、牛乳、塩・こしょう・粉チーズで作る、一般的なポタージュスープですが、昨日はふと思い立って、あれこれ思いつくままに入れてみた里芋と豆乳のポタージュを作ってみました。
里芋独特のねばり気があって、少しあっさりとしたお味。

a0136322_10294896.jpg

【里芋と豆乳のポタージュ】
里芋 5~7個(面倒なので、1袋使い切ってしまいました)
玉ねぎ 1/2個
バター 20g
鶏ガラスープ 4カップ
豆乳 2カップ
粉チーズ 大さじ2、塩麹 大さじ1、白みそ 大さじ1
※現在むくみ対策でかなり薄味に仕上げたので、塩麹や白みそは、大さじ2でもいいかもしれません。
 さらに味の足りない方は、塩・こしょうで調えてください。


①里芋は皮を向いて、つぶしやすいくらいの大きさに切る。玉ねぎはみじん切りに。
②玉ねぎをバターの半分で炒めて、火が通ったら、里芋も入れて軽く炒める。
③鶏ガラスープと残りのバターを入れ、中火で煮る。里芋に火が通って柔らかくなったら、ミキサーやハンドブレンダ―で撹拌して、なめらかに。
④豆乳、粉チーズ、塩麹、白みそを入れ、さらに撹拌し、全体が混ざったら、最後に弱火にかけて温める(豆乳が分離しないように気をつけて!)。
⑤味を見て、足りないようなら調えて。トッピングにねぎやこしょうを散らしてできあがり!


飲んでいる途中でしょうがを混ぜてみたら、さっぱりとしました。
柚子こしょうを混ぜても美味しいかも。あと明太子とか。
今後も要研究ですね。

しかし、里芋は大好きだけど、あの土のついた皮を剥く作業がキライ。
何かに似てるなーと思っていたら、あ、オラウータン! と昨日初めて気がつきました。
どう?
[PR]
by kayauokamoto | 2012-10-04 10:49 | おうちごはん

夏の定番

秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる

ということで、すぐそこに秋も迫ってきていると折に触れ感じる今日この頃ですが、これも昨日の続きで、夏の間よく作った作り置きメニュー。
きゅうりとなすとみょうがの酢の物。
a0136322_9552521.jpg

このまま食べてもさっぱりするし、ごはんにのせると野菜寿司みたいで美味しい~。

作り方は、昨日のなますとほとんど同じ。

【きゅうりとなすとみょうがの酢の物】
きゅうり、なす 1~2本、みょうが 1本、お好みで、しそのせんぎりやしらすを入れても。
↑このくらいの分量なら、すし酢大さじ1、酢大さじ1、薄口しょうゆ小さじ1/2くらいかな。
ごま 適量

①きゅうりとなすは薄く輪切りにして、塩をまぶして、10分くらい置いておく(水を出すため)。
 みょうがも輪切りにして、水にさらす。
②調味料を混ぜたら、①の水分をよく絞って、混ぜる。ごまも入れる。
③あとは冷蔵庫でしばらく味をなじませて、できあがり~。冷えていた方が美味しいです。

[PR]
by kayauokamoto | 2012-09-03 10:02 | おうちごはん

最近のごはん

先月後半から、オットがずっと出張で不在。
ひとりの為にあんまり台所に立ちたくないし、そもそも最近は胃が圧迫されてあんまり食べられないし、だからと言って、きちんとした物をしっかり食べたいというわがままな私なので、こんな時は作り置き大作戦~。
日持ちして、栄養価も高そうな物を、元気な時にまとめ調理します。
同じものが続くのは平気だし、メインをお刺身にするとかしちゃえば、ラクだし飽きません。
もちろん朝・昼でバランスを摂るのも忘れずに!

これはある日のひとりごはん~。
大体こんな物が作り置きしてあります。
a0136322_9515323.jpg


奥から~。
【トマトともずくのスープ】
鶏ガラの素とミニトマトをいくつか入れて、中火にかけます。
煮立ったら、薄口しょうゆと塩で味付け。
もずくと、すりおろししょうがも入れて出来上がり。
夏場はこれにオクラを輪切りにして入れるんだけど、この日は切らしてておねぎ~。

【ピーマン・みょうが・塩昆布の和え物】
以前TVでやっていたのを見て覚えたレシピ。
ピーマン、みょうがを千切りにして、塩昆布とごまで和えます。
TVではビニールに入れてもみこんでいたけど、私は横着にタッパーに材料を入れて、ふりふりシェイク♪

【にんじんと大根のなます】
すし酢1:酢1に、薄口しょうゆを少したらして味を調える、というのを、大抵の酢の物料理に応用しております。酢の量は、材料の量に応じて適当に……(すみません)。
そこに千切りして、塩をかけてしばらくおいて水を出したにんじんと大根を、絞って漬けます。今回は細く切った昆布も入れました。
ちなみに今回はスライサーを使ったんだけど、自分で切った方が早くてラク……。
でもなますはこれくらい細い方が味が沁みるしなあ。

【鶏のさっぱり煮】
これは、天下のミツカンさんの鉄板レシピから借用しました。美味しいよー。


あとは、ひじき煮ときのこソテーですが、まあこれは書かなくともね。
今冷蔵庫には、しょうが焼き、ポテトサラダ、焼きなすの出汁浸しなんかがあります。
昨日で在庫薄になったので、今日明日辺り、また作らないとなー。
[PR]
by kayauokamoto | 2012-09-02 10:13 | おうちごはん

初物

筍をいただいたので、若竹煮を作りました。
a0136322_947386.jpg

鎌倉の実家では、春になると毎年筍が取れるのですが、
食べるばかりで手伝ったことはもちろんないので、
あく抜き諸々教えを乞う為に母にTel!
ふむふむ、と初めて水煮でない筍を調理してみた。
思っていたよりも、面倒ではないのね。

あさりのお味噌汁を、先日の朝イチのアドバイスに従って作り、
う~ん、春だねえ♪

そうこうしている間に、オットから飲みに行く、と連絡が入ったので、
えのきのホイルバター焼きと残り物のかぼちゃとひじきの煮物で
簡単に夕食。
オット、せっかくの初物逃したね。
でも1日置いた方が味が沁みて美味しいかも。

しかし、筍も木の芽も自給自足でふんだんに賄えたなんて、
贅沢な暮らしをしていたものだなあ。
[PR]
by kayauokamoto | 2012-03-10 09:48 | おうちごはん
昔、銀色夏生のつれづれエッセイに書いてあって、
時々作る簡単レシピ。

a0136322_1144759.jpg


①鶏の手羽元に、塩・胡椒・カレー粉をこれでもか! というくらいたっぷりもみこみ、
 1時間くらい常温に置いておきます(これがスープの味付けになるので、
 やりすぎかなーというくらいでも大丈夫)。
②玉ねぎ半~1個を薄切りに、
 トマト1~2個を7mmくらいに横にスライスします。
 トマトは多い方が美味しい。
③深手の鍋に、玉ねぎ→トマト→鶏手羽元の順に重ね、
 それを2、3層作ります。
④あとは弱火でコトコト1~2時間煮るだけ。
 お野菜から水分が出て、鶏肉が柔らかくなります。
 お塩が足りなければ、最後に調整して。
 少し薄味目ですが、お野菜の甘みが凝縮して美味しいです。
 私はこれに、キャベツの千切りとかにんじんを入れることも(今回はキャベツ入り)。

[PR]
by kayauokamoto | 2012-03-09 11:54 | おうちごはん

イライラ対策

しばらくぶりにログインしたら、
色々新しい機能が付加されていて戸惑いました。
ちょこちょこ載せたいなーと思うこともあるんですけどねえ。
大したことないと言えば、大したことないことばかりですし。

で、最近は妙にイライラしていて、
まあおそらくは、毎日毎日家の中であまりに刺激のない日々を
過ごしていることにくさくさしているのでしょうが
(とは言え、自分で好きでそんな生活を選択しているところが
また私のメンドウなところ)、
そこでふと昔好きだったおやつを思い出して、
ダイエット効果も狙いつつ、作ってみました。
アーモンド小魚。
a0136322_10544272.jpg

参考にしたのはコチラ
朝イチ大好き。
毎日観てます。←これが刺激のない日々の断片

すっごく簡単にできたので、また作ろう~。
レンジとトースターの同時使いで、ものの5分くらいで作れちゃいます♪
(とは言え、その時同じコンセントでごはんも炊いていた私は、
ヒューズを飛ばしてしまいましたが……)

もうちょっと調味料多めでも良かったかなあ。
ただそれは、私が120g入りの煮干しで作ったから、というせいもある。
それでも美味しくって止まらないー。
ポリポリポリポリ食べちゃって、本当にダイエットの方の効果はあるのだろうか?

関係ないけど、このレシピ紹介してくれてる人、鎌倉の人なのね。

【アーモンド小魚】
食べる煮干し 100g
アーモンドスライス 40g
いりごま 大2(なくても良い)
砂糖 大2
しょうゆ・みりん・サラダ油・はちみつ 各大1

食べる煮干しは電子レンジで約2分加熱、
アーモンドスライスはトースターで約2分加熱します。
※私は煮干しは耐熱ボウルに入れて、
 アーモンドはアルミホイルの上に敷きつめて加熱しました。

調味料も電子レンジで約2分加熱して、
調味料が熱いうちに全部を混ぜ合わせます。

以上!
簡単!
でっきあっがり~♪

[PR]
by kayauokamoto | 2012-02-19 11:10 | おうちごはん

和食強化月間

新年明けて早々、ずっと保留にしていた新婚旅行に行ってきました。
3泊5日でゴールドコーストへ。
たった3日だけなのに、だいぶ胃がもたれた我々夫婦。
和食万歳! な日々を送っております。
a0136322_18573924.jpg

いっぱい食べて遊んで、焼き豚のような私。
季節感を全く無視した肌に、自分を呪います。
早くこの白和えのような肌になりたい。

旅行の様子はまたおいおいアップするとして。

ご挨拶が遅れましたが、
皆さま本年もどうぞよろしくお願い致します。
今年は何かと創っていく年にしたい。

【白和えの和え衣】
木綿豆腐1丁(よく水を切る)
砂糖 大2
薄口しょうゆ 小2
すり白ごま お好みで
※味はお好みで調整してください

これをよく混ぜるだけー。
本当はすり鉢とすりこぎで混ぜた方が良いのだろうけど、
うちにすり鉢がないので、私はボウルとスパチュラで
ぐにゅぐにゅしちゃってます。
ごまもすらないまま……。

今日は春菊と人参をさっと茹でて和えました。
豆腐の水切りがちと足りなかったね。
この間はブロッコリーで作ったら、
ブロッコリー嫌いのオットもぱくぱく食べていた。

[PR]
by kayauokamoto | 2012-01-09 19:05 | おうちごはん

Christmas Dinner

クリスマスが明け、
昨日も今朝も枕元にはプレゼントはなく、
代わりに史上最悪の寝違えに呻きながら、
こちらに来て初めての雪の朝を迎えました。
今日がんばろうと思っていた大掃除の予定もパア。
まあまだ日はある。

3連休はオットには関係ないし、
特にクリスマスをする気もなかったのだけど、
やっぱり前日になると見過ごせなくなって、
おうちでご馳走を作ったよ。
a0136322_12102613.jpg

イブディナーに備えたはずが
諸事情でクリスマスディナーとなりましたが、
我ながら、すごく美味しくできて超満足の出来栄え!

ブログにのせるのだーと写真を撮ってたら、
「自慢みたいでヤダナー」とオットに言われましたが、

だって自慢だもん!

美味しくできて、うれしかったんだもん!

本当はみんなを迎えてパーティーだってしたいけど、
そんなの無理だから、こうして写真で伝えるしかないんだもん!

そうは言っても、どれも手のかからないものばかり。
材料や工程が多いレシピは、作れませんの私。


a0136322_1211471.jpg
ローストビーフ~。
レシピはコチラを参考にしました。
オーブン使わないし、簡単だった。
お肉が小さ目だったこともあり、焼き時間は10分ほど。
もう少し焼くべきだったかな。
向こうに写ってるワインも、KALDIで購入した1,000円くらいのものでしたが、
ちょっと酸味がぴりりとして美味しかった~。


a0136322_12161864.jpg
アスパラとスモークサーモン。
にんにくとしょうが、オリーブオイルと塩で味付けしてます。
あとは食べる前にレモン汁をたらり。


a0136322_12192636.jpg






明太子とクリームチーズを混ぜただけのディップ~。
カロリー大魔王の手先。
止まらないよ~。



a0136322_1226303.jpg
●覚え書き●
アスパラとスモークサーモン
ゆで卵のココット(オット作)
ミネストローネ
ローストビーフ、ベビーリーフとブロッコリー添え(わさび風味タレ、食べるラー油、マスタード)
バゲット(魔法のぱん)
明太子とクリームチーズのディップ
簡単バーニャカウダ風(オット作)
グラタン




話してることや過ごし方はいつもと変わらないけど、
ツリーもプレゼントもなかったけど、
ちょっとクリスマス気分の夜になりました。

というわけで、あとは健やかに来年を迎える準備です。
めっきり寒いしね。
Best wishes for the coming year!!
[PR]
by kayauokamoto | 2011-12-26 12:38 | おうちごはん

今日のおひる

a0136322_13341491.jpg
ブロッコリーとドライトマトとしらすとアンチョビで、
冷蔵庫整理ペペロンチーノ。

お昼を作るのはあんまり好きじゃなくて、
ひとりの時はなるべく前日の残り物ですませたい。
でも時々こんなん作って食べたくなる時もあります。
パスタ多めにゆがいて、お腹まんぞく。

昨日からオットが出張で、冷蔵庫あさって気ままなごはん。
夜は塩豚の残りがあるから、トマトと卵とでも炒めよ。
[PR]
by kayauokamoto | 2011-11-22 13:43 | おうちごはん
少し前のメニューから。

私が初めてイチから料理を作ったのは、
確かこのメニューだったと思う。
じゃがいもとベーコンのスープ煮。
a0136322_1159452.jpg

小学校6年生の時の家庭科で、
“我が家のじゃがいもメニュー”を作ろうという日があり、
その時に母から教わったもの。
しばらく忘れていたのだけど、
いつぞや実家に帰ったらこれが出てきて、
レシピをひっぱり出してきました。

簡単で、ごちそうっぽい味になるので好き。


【じゃがいもとベーコンのスープ煮】
じゃがいも 3~5個、玉ねぎ1個、ベーコン 4枚
(あくまで目安。好みや自宅に余った量によって、
ある程度の増減は問題ないです)
バター 30g、にんにく 1片、あればセロリの軸等の香草、
スープ 2カップ(ブイヨンでも鶏ガラでも)

①じゃがいもは1cmくらいの輪切り、
 玉ねぎ、にんにくは薄切り、
 ベーコンも1cm幅くらいに切る。
②深めの鍋で、にんにく、ベーコンを色が変わるまで炒める。
③その上にじゃがいもの3分の1量を平らに敷きつめ、
 たまねぎも3分の1量じゃがいもの上に平らに敷き、
 塩こしょうを少々ふり、バターを10gのせる(溶かしたものをかけてもok)。
 それを3度繰り返して3層にして、あればセロリの軸等の香草をのせる。
④スープを2カップ入れ、煮立ったら落としぶたをして、
 弱めの中火で20分ほど(適当に)煮る。
⑤じゃがいもに火が通ればできあがり!

この日はだいぶじゃがいもが煮くずれてしまいましたが、
みなさんは気をつけて!
でもこれはこれで美味しいです。
2日目、残ったスープ煮を耐熱皿に入れてチーズをのせて焼くと、
ポテトグラタンにもなりますよー。
 
[PR]
by kayauokamoto | 2011-11-05 12:01 | おうちごはん