わたしの見た風景


by kayauokamoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:日々のくらし( 7 )

いちじくその後

いちじくって見た目ちょっとアレだし高いんで、なかなかちょっとアレなんですけど、食べると割と好きだったりするので、こないだの山盛りいちじく、色々と堪能しました。
また買ってしまいそう。
もう旬も終わってしまう前にね。

予告通り、パウンドケーキを焼いたよ。
焼き菓子に入ってるいちじくが好きなので。
くるみとレーズンを混ぜて。
a0136322_1127192.jpg

参考にしたのは、この本の基本のパウンドケーキです。
お砂糖は控えめにしたけど、もう少し少なくても良かったなー。
あといちじくにレモン汁をかけておけば良かった(反省点)。
でも、おいちいよー!

しかしTwitterにも書いたけど、自分でお菓子を作った時の一番の醍醐味は、その出来上がりもさることながら、最後にボウルやらハンドミキサーやらについた生地をべろりと舐めつくすところにありますよね!

お手軽なのはスムージー♪
牛乳を入れずに、ヨーグルトだけで作りました。
レモン汁がポイントだと思う~。
a0136322_11351151.jpg

【いちじくスムージー】
(1人分)
いちじく1コ
プレーンヨーグルト(私は大きめのスプーンで4すくい位)
レモン汁大さじ1
氷2・3コ
お好みではちみつ(または砂糖)


これをミキサーにかけて出来上がり!
私は先日妹にもらったBraunのハンドブレンダ―で作ってます♪
ハンドブレンダ―は普通の氷は適用外と宣言しているので、私は100均で小さい氷を作る製氷器を買ってきて、ひとつかみ位入れてます(どうでもいいけど、その製氷機がまだ3回くらいしか使っていないのに氷を出す際の負荷で真中が割けてきて、さすが100均、と思ってイヤだった。まだ使ってるけど)。

あとシャーベットも作ったー。
材料はスムージーとほとんど同じ。
a0136322_11334860.jpg

【いちじくシャーベット】
(2~3人分)
いちじく1コ
はちみつ 大さじ3
プレーンヨーグルト 60ml

①いちじくは皮をむいて2cm角くらいに切り、はちみつとスチームシリコンケースに入れてレンジで2分加熱(600w)。
②①をスプーンでつぶしながら、ヨーグルトを加えよく混ぜる。
③ふたをして冷凍庫で凍らせる。凍ったら一度スプーンで崩して混ぜ、なめらかにし、再び冷凍庫へ!


私は欲張ってヨーグルトをもりもり入れたら(レシピ無視)、甘さが足りなかった……。
ヨーグルトの食感が美味しいです!

それにしても、自分作のおやつは罪悪感がなくて、却って食べすぎてしまってキケンだわ。
赤子も美味しく食べてくれていることでしょう。
[PR]
by kayauokamoto | 2012-10-05 11:40 | 日々のくらし
残暑お見舞い申し上げます。
皆さまこの「熱い」夏、如何お過ごしでしょうか。

かなりの間放置していたこのブログ……。
どうもTwitterなんてものをやっていると、溜飲が下がるというか、まあなんとなく言いたいこと吐き出して満足した気分になるので良くないですな。
いくつか言いたいことや、伝えたいお料理等々、撮りためている写真があったりもするのですが。
そもそも自分の文章欲が今それほどでもないってことに、自分でもやきもきしつつ、甘んじてしまっているところが問題なのはよく分かっているのです。嗚呼。

言い訳は置いておいて、本題。

町田にレッスン(ジャズダンス)に通っていた時代、憧れだった富澤商店。
自分が台所を支配するようになったら、ここで乾物や粉をしこたま買って、料理やお菓子作りに励むのだー! と夢想していたものです。
その内横浜のそごうにも入って、どんどん店舗を拡大していったようで、名古屋でも再会できた時は本当にうれしかった!
結局身近になりすぎると滅多に何かを購入したりもしないんだけど(そもそもあんまりお菓子作りをしない)、名古屋に出た時は、このピーナッツきな粉クリームを絶対買って帰ります。
a0136322_132496.jpg

毎朝マフィンに塗って食べるよ。

さて、ここでは(ずっと放置してあったので)報告していませんでしたが、今お腹に赤ちゃんがいます。
先日早いもので9ケ月に突入して、予定日はこのピーナッツクリームの賞味期限と同じです(笑)。
そんなわけで、今後はここで、育児日記的なものも書けていけたらいいなあと思っておりますが……さてはてフフー。
もちろん執筆や思考のめぐりも、精進したいと思います。
[PR]
by kayauokamoto | 2012-08-25 13:26 | 日々のくらし
暖かくなったので、散歩に出ました。
部屋でぬくぬくしてる間に、いつの間にか外は春の装い。
私も漫然と脂肪を蓄えている場合じゃありません。

a0136322_14382719.jpg

何故かヤギを飼っている工場。
周囲にメーメー響いていて、なんだかシュールです。
a0136322_1441164.jpg

何かの獣の足跡。
まあブナンに散歩の時の犬の足跡かな。
a0136322_1443155.jpg

この子とも数か月ぶり。
私を見つけた途端に「ンナーーーッッッ!」と狂わんばかりに鳴いて寄ってきて、大満足。
かわええのう。
しかしお前もでぶったね。
a0136322_14453954.jpg

[PR]
by kayauokamoto | 2012-02-24 14:47 | 日々のくらし

winter has come

実家に帰ったりさぼったり、
で、10日ぶりくらいの朝の散歩。
a0136322_16385981.jpg

a0136322_16393858.jpg

あちこちに霜がおりてます。
寒いはずだ。
またひとつこの土地で、季節を過ごしたのだなあ。

来週にはクリスマスだもんね。
今年もあとわずか。
a0136322_1640582.jpg

皆さんお身体には気をつけて。
オットは風邪ひいて、お布団でぬくぬく漫画を読み耽り。
[PR]
by kayauokamoto | 2011-12-18 16:41 | 日々のくらし

明治村 その2

さてさて続き。

どの建物も立派で見ごたえがあるのだけど、
中でも面白いのはやっぱり人の住んでいた家屋。
当時の暮らしぶりを想像したり、
家に託された生活の知恵に触れられて、
わくわく心が弾みます。

鴎外と漱石が住んだというおうち(明治20年頃。東京都文京区)。
典型的な日本家屋だけど、こういう家に住みたいなー。
a0136322_14593483.jpg

こうして縁側で、小説のことぼんやり考えてみたり。

重要文化財の東松家住宅(明治34年頃。名古屋市中村区)。
東松家は油屋から始まり、銀行を営んだ商家。
a0136322_1502966.jpg

見上げると、いろいろからくりというか、入り組んだ仕組みになっていそうで、
すごく上がってみたかったのだけど、
残念ながら館内案内の時間が終わってしまって見られなかった……。

その代わり芝川又右衛門邸(明治44年。兵庫県西宮市)では、
特別にガイドさんがもう一巡してくださり、中を見ることができました!
a0136322_1512520.jpg

ここは本当に面白かった!
芝川は三井・住友と並ぶ豪商のひとりとあって、
とにかくセレブでモダンなおうちだった~。
お風呂もキッチンも、現在でも全然遜色ないくらいだし、
網代と葭簀で意匠を凝らした天井も、階段のデザインも、造りつけのベンチも、
何もかも素敵すぎる……このまま居ついてしまいたい……。
a0136322_1521414.jpg

オットに、「めちゃめちゃテンションあがってたよ」と言われるくらい、
ひとりふんがーと頭から湯気出してました。

ここらで時間も押し迫ってきて、
最後は帝国ホテルの中央玄関(大正12年。東京都千代田区)。
a0136322_153553.jpg

全容はどんなふうだったのだろうなあ。
やはりここも、文化や社交界というものを強く感じさせます。


以前から折に触れて思うことなのだけど、
明治や大正では、現在「格差社会」なんて言われるよりも
よっぽど隔絶した身分の差があって、
その上流に属している人たちは本当に大きな時代の渦の中で
当たり前に文化の一端を担っていた。
“東京”は、遠く、大きな国だったろうし、
海の外はさらに未知に溢れて畏く輝いていたのでしょう。

明治村にある建物は、そういうあの頃の威厳を携えてそこにあったけれど、
私たちの眼には、そこに絶望的なまでの羨望は映らないし、
しかも現在次々と建てられていく建物には、そうした感慨は、ますます抱かない。

人口70億人となったこの世界は、ずいぶん身近で、平坦なものだなあ。
あの頃の眼で、あの頃の“世界”を見てみたい。
そんなふうに話しながら、
高速を走らせて30kmほど離れた街にあっという間に辿り着き、
ベルトコンベアに乗せられた、それでもそれなりにおいしいお寿司をちょちょっとつまんで、
マンションに均等に振り分けられた小さな一室に帰る私たちだったのでした。
[PR]
by kayauokamoto | 2011-11-01 15:04 | 日々のくらし

明治村 その1

珍しくオットが晴れの日にお休みになったので(朝方雨が降っていたため)、
久しぶりにふたりでお出かけ。
かねてから行ってみたかった、犬山市の博物館明治村に行って来ました。

どうやってここまで運び込まれたのか……と謎がつきまといつつ、
往時をしのばせる建物の数々に圧倒されます。

a0136322_13382587.jpg

大名寺聖パウロ教会堂(明治12年。長崎県西彼杵郡伊王島)
a0136322_133938.jpg

大井牛肉店(明治20年頃。神戸市生田区)
a0136322_13412426.jpg

聖ヨハネ教会堂(明治40年。京都市下京区)
重要文化財だというのに、中では小学生たちがかしましく暴れまわっていました。
a0136322_13423434.jpg

三重県庁舎(明治12年。三重県津市)
中のダンスホール(?)。ゴージャス!
これも重要文化財。ここの外観はドラマ『坂の上の雲』で使われていました。
a0136322_13365752.jpg

品川燈台(明治3年。東京都港区)
現存最古の洋式灯台。重要文化財。
a0136322_13432865.jpg

聖ザビエル天主堂(明治23年。京都市中京区)

三重県尋常師範学校・蔵持小学校(明治21年。三重県名張市)にて
センセーごっこをしてみたり……
a0136322_13443043.jpg

                      「こら! オット君! 早弁しない!」
a0136322_1345262.jpg

                      「いっけねえ~」

前橋監獄雑居房(明治21年。群馬県前橋市)にて
シャバに焦がれてみたり……
a0136322_13455390.jpg

                      「外はもう春……」

他にもあちこち回ったけれど、
とにかく見どころがたくさんで、
全部をしっかり見るには1日じゃ足りない!

ということで、つづきます~。
[PR]
by kayauokamoto | 2011-11-01 13:47 | 日々のくらし

野の花

お散歩中に摘んだ、道端に咲いていたかわいい草花たち。
a0136322_9503783.jpg

我が家を明るくしに来てくれた、小さな命にありがとう。
[PR]
by kayauokamoto | 2011-10-24 09:55 | 日々のくらし